1万円

日常生活を送っていると、急な出費が必要なことがあります。冠婚葬祭であったり、時には、仕事や生活をしていく上での必需品が故障し、修理または買い替えなければならないなどです。

お金に余裕があれば問題ありませんが、そうでない場合もあります。そんなときは、キャッシングかカードローンを利用するという方法があります。

キャッシング・カードローンで現金を借りる

ATM

キャッシング、カードローンと言うと、構えてしまう方も多いかもしれません。しかし、キャッシングであれば楽天や三井住友、カードローンであれば三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの大手も扱っていますので、安心です。ただし、キャッシングであっても、カードローンであっても事前に申し込みの必要があります。

少額ならクレジットカードのキャッシング

小口(10万円~30万円程度)の現金が必要な場合、手持ちのクレジットカードでのキャッシングがオススメです。キャッシングは、クレジットカード申し込みの際、ご自身でキャッシング利用枠の上限を設定されているはずです。

その範囲内であれば、インターネット、電話、またはコンビニのATMなどで借り入れることが可能です。ただし、キャッシングも金利は15%前後となっていることが多く、利息が高いため、なるべく早いうちに返すことをおすすめします。

金額が大きいなら金融機関のカードローン

もっと大きな額のお金が必要な場合はカードローンを組みます。カードローンを組むためには、事前に審査が必要です。例えば、みずほ銀行のカードローンであれば、みずほ銀行の口座を持っていなければ、ローンを申し込めないなどありますので、不足の事態に備えて、カードローン専用カードを持っておくことをオススメします。

条件が揃えばカードローンでは、100万円以上のお金を借りることも可能です。もちろん上限は年収がどの程度あるか、現在借入があるのかによって変わってきます。一般的には年収の1/3までを借りることができると言われています。

まとめ

緊急にお金が必要になった場合は、キャッシング、カードローンがあるということを覚えておいて損はないでしょう。しかし、あくまで借金になりますので、計画的なご利用を心がけるように注意してください。

おすすめのカードローンは下記リンクから確認できます。借りるなら各社を比較して自分にあったところからお金を借りましょう。

お金がないとき!