時間とお金

お金がないときにお金を作る方法は金額によってやり方が変わります。ここでは、少額のケースと多額のケースに分けて解説していきます。

少額のケース

まずは、少額のケースです。少しのお小遣いであれば、インターネットでポイントサイトでポイントを稼ぎ現金にかえていきます。ポイントサイトでも高額の案件もあり、1000円から場合には1万円位はお金を用意できます。

また、クラウドソーシングサイトに登録をして初心者でもタスク等でやる気さえあれば一か月で2万円位はお金を用意できます。毎月の給料では足りないという方はインターネットを使い、毎月2万円前後は初心者でも毎日やることでお金を稼ぐことはできます。

このように少額のお金を用意したい方はまずは、ポイントサイトやクラウドソーシングでお金を用意しましょう。

多額のケース

多額のお金を早く用意したい場合であれば、借りてしまうという方法があります。

カードローンを使う

50万円位であれば、カードローンを使うことで、そんなに難しくなく借りてお金を用意できます。ただお金を借りているわけですから、利子が付きますので、後々お金を返していきます。

カードローンは土日祝日・夜遅い時間帯でも申し込みを受け付けていて即日お金を借りることも可能です。SMBCグループで有名なSMBCモビットは「WEB完結なら電話連絡なし」となっているので、家族や恋人にお金がないのを知られたくない方は利用をおすすめします。

バイナリーオプションを利用する

バイナリーオプション

バイナリーオプションでお金を稼ぎ用意することもできます。バイナリーオプションとは外貨でこれから上がるのか下がるのかを決めエントリーをして的中すると最大エントリーした金額の最大で倍になります。

ただし的中しなければエントリーした金額がなくなります。博打かもしれませんが、FXの相場を読むことができれば、的中率をあげ稼ぐことができます。

急ぎで必要な時はカードローンがおすすめ

人生何があるか分かりません。急遽お金が必要になったら、仕事をしている人ならカードローンをお勧めします。50万円位であれば毎月2万円位の返済ですみます。お金が必要であればやむをえません。

またお金はやはり大切ですので、お金に困っていない人でも、いざお金がないと不安になりますので毎日お金を貯めれるようなポイントサイトやクラウドソーシング等をやって少しでもお金を用意できるようにしておくとよいと思います。