選ぶ

急な出費が必要になった時、銀行口座に自由に使えるお金がない場合は借り入れを行うことになりますよね。借入には、クレジットカードのキャッシング機能や、カードローンといった選択肢があります。

しかし、クレジットカードのキャッシングとカードローンの細かい違いがわからず、どちらを使うべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを解説します。

どちらも現金がない時にお金を引き出せるサービス

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンは、どちらもお金を借りられるサービスです。

利用する会社によって一部内容が異なる場合はありますが、基本的にクレジットカードとカードローンはどちらであっても、以下の2種類の方法で借り入れができます。

  • 対応するATMにカードを挿し込み、現金を引き出す
  • 指定した口座に借入額を振り込んでもらう

近くに対応するATMがある場合はATMで、対応ATMがなかったり、銀行口座にお金を用意しておく必要があったりする場合は振込で借り入れを行うこととなるでしょう。

なお他には、例えば電話での振込申し込みに対応している会社もあります。

クレジットカードのキャッシングは普段買い物などで使っているクレジットカードをそのまま利用可能、カードローンのサービスは、専用のカードを申し込むことで利用できます。(カード発行なしのカードローンもあります)

クレジットカードキャッシングの2つのメリット

クレジットカードキャッシング

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードの機能の一つです。

キャッシング機能を搭載したクレジットカードでは、通常のショッピングに加えて、必要に応じてATMや振込で現金を借り入れることもできます。

キャッシングには様々なメリットがあるので、理解したうえで活用することが重要です。

1枚のカードで2つの役割を果たせるのが魅力的

クレジットカードキャッシングの、カードローンと比べた場合の1つ目のメリットは、以下の2つの機能を1枚のカードで利用できることです。

  • クレジット機能での決済
  • キャッシング機能での借り入れ

例外もありますが、カードローンは基本的に専用カードを用意して借り入れを行うので、クレジットカードを別に用意して持ち歩く場合、サイフなどに入れておくカードの枚数が増えます。

2枚のカードがあると荷物が増えるだけでなく、落としたときの届け出の手間などが2倍になってしまうデメリットが発生してしまいます。

1枚のカードで複数の機能を利用できるのは、魅力的と言えるでしょう。

現地通貨を引き出せる海外キャッシングサービス

クレジットカードのキャッシングでは、海外キャッシングサービスを利用して、海外旅行先で現地通貨を引き出すこともできます。

カードローンは基本的に海外で利用できないので、海外旅行先でお金を借りるのであれば、キャッシング機能付きのクレジットカードを持っていくのがおすすめです。

海外は治安の悪い場所もあり、空港等で両替をして現地通貨を大量に用意すると盗難や強盗などのトラブルに遭ってしまって大損害になる可能性があります。

怯えながら高額なお金を持ち歩くと、心配になってしまうでしょう。

しかし海外でキャッシングをし、必要に応じて現地通貨を引き出すのであれば、持ち歩くお金は最小限で済むので安心です。

万が一旅行先においてサイフごとカードを盗まれるなどしても、すぐに届け出れば不正利用の補償を受けられるので、心配ありません。

クレジットカードキャッシング利用時の注意点3つ

注意点

クレジットカードキャッシングには、利用や申し込みにおける注意点があります。

それぞれしっかり把握しておき、正しく活用しましょう。

キャッシング利用可能枠とショッピングの利用可能枠の違い

クレジットカードに入会すると、「ショッピング」と「キャッシング」それぞれに利用可能枠が設定されます。

基本的にキャッシングを利用すると、ショッピングにおいて使える利用可能枠も減ることに注意しましょう。

例えばショッピングの利用可能枠が50万円・キャッシング利用可能枠が10万円として、5万円を借り入れると使える金額の残りはショッピングが45万円、キャッシングは5万円です。

キャッシングを利用せず、カードローンとクレジットカードを別々に申し込んで使うのであれば、利用可能枠もそれぞれ別に設定されるので、ややこしさが減少します。

クレジットカードでのキャッシングは、利用申込みが必須

クレジットカードのキャッシング機能は、クレジットカードへ入会したら誰でも利用できるわけでなく、別途申し込まなければいけません。

これからカードを申し込むのであれば、キャッシングを利用する予定があるなら、申し込み時にキャッシングを希望しましょう。

既に持っているキャッシング対応カードでキャッシングを利用したい場合は、電話やWEB上のマイページから手続きをして、キャッシングを申し込みましょう。

キャッシングにも審査がある

クレジットカードのキャッシングにはカードローンやキャッシングなしのクレジットカードと同様に審査があり、審査に落ちてしまうと利用できません。

万が一審査に落ちてしまった場合は別途カードローンを申し込んだり、他社クレジットカードを今後申し込む際にキャッシング機能を申し込んだりしましょう。

なお、クレジットカードの申込時にキャッシングを追加で申し込むと、審査が厳しくなり完了までの時間が長引いてしまうケースもあります。

今後キャッシングの利用予定がないのであれば、基本的にクレジットカードを申し込む際は、キャッシング枠を0円として申し込むのが良いでしょう。

カードローンを利用する6つのメリット

ATM

カードローンへ申し込むと、ローン専用カードが発行されます。

郵送や契約機で受け取ったカードをカードローン用のATMに挿入したり、WEB上のマイページから手続きをしたりして、必要に応じて借り入れを行いましょう。

ここからは、キャッシングと比べてのカードローンのメリットを解説します。

キャッシングより金利が低い場合がある

誰にでも当てはまるとは限らないので注意が必要ですが、カードローンはクレジットカードのキャッシングよりも金利が低くなるケースがあります。

返済時に余分に支払う金額が少ないと、より気軽に利用しやすくなるでしょう。

同じ三井住友関連の会社のサービスを例に、キャッシングとカードローンの金利(実質年率)を比べてみました。

 

SMBCモビット

三井住友カード(キャッシングリボ)

実質年率

3.0~18.0%

15.0~18.0%(一部実質年率が異なるカードもあり)

見ての通り、SMBCモビットに比べて三井住友カードのキャッシングリボにおける実質年率は高めです。

なお実質年率は利用者ごとに異なるので、人によってはどちらを利用するとしても同じ18.0%になる場合があることにご注意ください。

銀行のカードローンはさらに低金利

カードローンには消費者金融のものと銀行が手がけるものがあり、銀行のカードローンは消費者金融に比べて低金利な傾向にあります。

前項で取り上げたSMBCモビットのカードローンや三井住友カードのキャッシングと、三井住友銀行のカードローンの実質年率を比較してみました。

 

三井住友銀行カードローン

SMBCモビット

三井住友カード(キャッシングリボ)

実質年率

4.0~14.5%

3.0~18.0%

15.0~18.0%(一部実質年率が異なるカードもあり)

見ての通り、銀行のカードローンである三井住友銀行カードローンは、実質年率の上限が他2つよりも小さい数値です。

低金利で借り入れを行いたい方は、銀行のカードローンへ申し込みましょう。

キャッシングよりも借入限度額が大きい

カードローンの借入限度額は、クレジットカードのキャッシングに比べて高めです。

三井住友カードのキャッシングと、三井住友銀行やSMBCモビットにおけるカードローンの限度額を比べてみました。

 

三井住友銀行カードローン

SMBCモビット

三井住友カード(キャッシングリボ)

借入限度額

10~800万円

1~800万円

5~300万円

見ての通り、三井住友カードでは最高300万円しか借り入れができませんが、カードローン2種では800万円が上限です。

ただし、利用者ごとに借入限度額の設定は異なるので、カードローンを申し込んでも高額な借り入れはできない可能性もあることにご注意ください。

年会費がない場合がほとんど、非常用に用意しておくのも良し

クレジットカードには数千円~数万円の年会費がかかるものもたくさんありますが、カードローンはほとんどの場合年会費はかかりません。

「年間○○回以上使えば年会費無料」などの設定もないので、現時点で使う予定が無いとしても、申し込んだことが負担になってしまうことはないでしょう。

非常時の資金確保用に、カードローンを申し込んでおくのもおすすめです。

分割返済に対応、返済額は少額からでもOK

少額

カードローンの返済は一括でなく分割でも大丈夫で、2,000円など少額から返済することもできます。

クレジットカードのキャッシングも分割返済に対応している会社はありますが(三井住友カードのキャッシングリボなど)、翌月の一括返済が一般的です。

カードローンの返済は、手元にお金の余裕がある場合などに臨時でまとめて行うこともできるなど、自由度が高いことが特徴です。

最短当日中に借り入れを終えられる手軽さ

カードローンには、最短即日で申込を終えて契約できるものがたくさんあります。

SMBCモビットのWEB完結申し込みなど、カードの発行がなくよりスムーズに申し込みを終えて借り入れを開始できるカードローンもあります。

クレジットカードにも最短即日発行が可能なものが何種類かありますが、キャッシング込で入会の申し込み即日に利用できるケースは稀です。

カードローン機能付きのクレジットカード「ACマスターカード」

消費者金融であるアコムが手がけるクレジットカード・ACマスターカードは、カードローンとクレジットカードの両方の機能を備えています。

最短即日で発行でき、年会費も無料でありながら、カードローンでの借り入れとクレジットカードでのショッピングを行えます。

ACマスターカードでは、カード発行後に利用申込書をアコムの店頭で記入・提出すれば、海外でのキャッシングを行うこともできます。

即日発行でクレジットカードを手に入れ、借り入れも合わせて行いたい方は、ACマスターカードを検討するのも良いでしょう。

カードローンは手軽さゆえの使い過ぎに注意

借り入れを活用するにあたって、カードローンにおけるキャッシングと比べての注意点は、手軽に使えるために使いすぎのリスクがあることでしょう。

「金利が低いから心配ない」と思って使いすぎた結果、長い間返済を終えられない、または返せないほどに借入額が膨らんでしまう可能性もあります。

カードローンを申し込んで活用する際はできるだけ多めの金額を毎月返済するようにし、借入額が膨らまないように自己管理をしっかり行いましょう。

そしてカードローンでは、基本的に海外での借り入れを行えません。

海外利用もするのであれば合わせてクレジットカードのキャッシングを申し込んだり、ACマスターカードで利用申込をしたりしましょう。

キャッシングとカードローンどちらを選べば良いかは人によって違う

最後に、クレジットカードキャッシングとカードローンがそれぞれどんな人におすすめかをまとめます。

どちらも同じ借り入れのサービスですが、人によってどちらがおすすめかは異なります。

海外利用やカードを増やしたくない人はクレカキャッシング

海外ATM

クレジットカードキャッシングは、海外で現地通貨を引き出したい人や、クレジットカード1枚で複数の機能を活用したい人におすすめです。

カードローンのカードでは、ACマスターカードのカードローン機能などわずかな例外を除いて、海外での利用ができません。

そしてあまり頻繁にカードローンを行わず、クレジットカードを使う機会は多いのであれば、普段使うクレジットカードにキャッシング機能を付けておけば、荷物を少なく抑えつつ非常時の資金確保もできて便利です。

低金利・借り入れスピード優先ならカードローン

急ぐ人

借り入れを行う機会が多い方は、金利を抑えられたり、利用限度額の上限が大きかったりするため扱いやすいカードローンの利用がおすすめです。

カードローンには申し込んだその日のうちに借り入れを開始できるものもあるので、大至急借り入れを行う必要がある場合にも、クレジットカードよりおすすめとなるでしょう。

まとめ

クレジットカードのキャッシングもカードローンも、どちらも現金を借り入れられるサービスです。

クレジットカードのキャッシングは金利が高めであるなどのデメリットがありますが、代わりに多くのカードで海外において現地通貨の借り入れを利用できます。

カードローンは素早く借り入れを利用でき、金利もキャッシングより低めな傾向にありますが、クレジットカードと別に申し込み、カードなどを管理する手間がかかることにご注意ください。

今回の解説を参考に、自分に合う借り入れサービスを選んで申し込んだり、必要に応じて両方を申し込みつつ、用途に合わせて使い分けたりしてみてはどうでしょうか。

お金がないときの対象方法一覧