アパート

マンションやアパートなどを借りていて、もしも家賃を滞納すると、様々なトラブルが発生します。支払いが滞りそうな人はもちろん、今は正しく支払いができている人でも将来の支払いに不安がある方は、家賃の滞納時は具体的にどんな流れになるのか、最終的に支払わないとどうなってしまうのかなどの不安があるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、家賃滞納時の流れや注意点について解説します。最後まで読めば、家賃を滞納してしまった時にどうなるかがわかり、今後トラブルが発生した時の対策もできるので、参考にしてください。

家賃を滞納したらどうなる?

家賃を滞納すると、いくつかの段階に分かれた手続きが行われ、最終的には強制退去をさせられてしまいます。

家賃を滞納しそうな時でも、早めにしっかり対処すれば、強制退去は免れます。ここからは、家賃を滞納したらどうなるのか、順番に解説します。

①管理会社や大家さんから電話で催促される

家賃を指定日に引き落とせなかったり、振り込めなかったりした場合は、まず管理会社や大家さんといった家賃を受け取る側の人から、催促されます。

基本的には、契約時に記入した電話番号へ電話で連絡が届きますが、建物によっては直接大家さんなどが訪問することもあるでしょう。

催促をされた段階ですぐに支払えればそこで家賃滞納のトラブルは回避となりますが、「○○日までに必ず支払ってください」といった催促に応じなければ、次の段階に進むこととなります。

②催促に応じなければ、督促状が届く

催促をされても応じずに無視してそのまま住み続けていると、やがて督促状という文書が自宅へ届きます。

督促状は「内容証明郵便」と呼ばれる、家賃を受け取る側が警告として督促状を出した事実を明確にできるシステムで送られてきます。

通常の郵便で督促状を送る場合、例えば受け取った側が燃やしてしまったり、「受け取っていない」と言い張ったりした結果、督促の効果がなくなってしまうかもしれません。

しかし内容証明郵便による督促状なら郵便局が督促状を送ったことを証明できるため、「そんな手紙は受け取っていない」「知らなかった」という言い訳はできません。

内容証明郵便による督促状を無視するとさらに大変なことになっていくので、支払えるお金があるのであれば、大至急支払いを行うべきでしょう。

③督促状は本人に加えて、連帯保証人にも届く

内容証明郵便による督促状を無視していると、入居時に書類に記入した連帯保証人にも催促が行われます。

例えば家族や友人といった知人を連帯保証人としているなら、家族に「家賃が滞納されているので、あなたが代わりに支払ってください」と連絡が届きます。

連帯保証人になってもらっている人との人間関係は、大いに悪化してしまうこと間違いありません。

保証会社を連帯保証人がわりにしている場合は保証会社に連絡されるので、やがて家賃の保証会社側からも「家賃をすぐに支払いなさい」という催促を受けることとなります。

保証会社によっては対応がとても厳しく、強引に家賃を支払わせようとするケースもあるので、特に大変と言えるでしょう。

しかし、保証会社からすると、自分が保証している相手が最終的に家賃を支払わなかった場合に、保証会社自らが家賃を代わりに支払わなければいけなくなるので、乱暴になるのも当然といえば当然です。

以上の通り、自分への督促状を無視すると、やがて周りの人にまで迷惑がかかるので、注意しなければいけません。

④最終的には訴訟され、強制退去になる

自分や連帯保証人へ督促状が届いた後も期限までに家賃が支払われなかった場合、最終的には、訴訟の末に強制退去となります。

ただし、強制退去は無理やり行うことができないしくみで、仮に家賃を支払っていなくても、入居時に受け取った契約書などに記載がある期日までは住み続けられます。

人(建物)によって、家賃滞納1ヶ月で退去を求められたり、3ヶ月間の猶予があったりと対応はバラバラなので、必ず確認しておきましょう。(一般的には3ヶ月程度滞納すると、強制退去になる傾向があります)

家賃滞納を理由に裁判を起こされたら、最終的に裁判所から退去を求められ、出て行かなくてはならなくなります。

強制退去時には様々な注意点があるので、次項での解説も合わせてご覧ください。

強制退去時の注意点・知っておきたいこと

退去

家賃滞納を理由に、住んでいる家を強制退去になってしまった際は、様々なトラブルが発生します。強制退去になるとどれくらい大変なことになるのか解説するので、チェックしてください。

強制退去となってから1ヶ月程度で、強制的に明け渡し手続きが行われる

裁判所から「強制退去」と言われたら、1ヶ月以内などの短い期間内に住んでいる家・部屋を出て行かなければいけません。

立ち退きの期限は裁判所から届いた催告状に記載されているので、期日までに出て行きましょう。もしも立ち退かなければ、執行官が自宅に押しかけ、強制的に退去の手続きが行われます。

強制退去時に、部屋の中にあった家具などは回収されてしまう

強制退去が行われた際は、部屋の中にある家具などが全て保管場所へ持って行かれてしまいます。強制退去のために持って行かれてしまった家具等については、期間内なら保管場所に取りにいけるしくみです。

期間内に受け取らなければもれなくリサイクル業者などに売却されてしまうので、ご注意ください。家具などの回収を防ぐためには、期限よりも前に次の入居先などへ荷物を運んでおかなければいけません。

滞納している家賃を回収するため、預金や資産が差し押さえられる

強制退去になったからといって、家賃を支払う義務がなくなるわけではありません。催促された家賃を支払わなければ、銀行口座内の預金や価値のある資産(車や家電製品など)が差し押さえられる場合があります。

特に保証会社が連帯保証人になっている場合は、なんとしてでもお金を回収しなければ会社の損になってしまうので、差し押さえが発生する可能性が高くなります。

保証会社を利用している場合、家賃を滞納すると信用情報に傷がつくことも

住んでいる家の連帯保証人が保証会社の場合は、家賃を滞納した結果信用情報に傷がつきます。信用情報が悪くなってしまうと、今後ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりするのが難しくなります。

今後の生活に支障が出るので、信用情報が悪くならないよう、すぐに家賃を支払うことが大事です。

家賃滞納で逮捕されることはない

家賃を滞納したせいで、逮捕されてしまうことはありません。滞納時に家賃の代わりに預金などを差し押さえられることはありますが、警察に捕まることはありません。

滞納が原因で家賃に加えて延滞金(遅延損害金)が発生する

万が一家賃を支払えず滞納してしまった場合は、契約書に記載があれば、延滞金を請求されることとなります。延滞金の金額の計算方法は入居時に受け取った契約書に記載されているので、必ず確認しておきましょう。

たとえ延滞金の存在を知らなかったとしても、契約書に書いてあるなら知らなかったでは済まされませんし、延滞金については基本的に入居時の手続き内で説明されるので、忘れているだけの可能性も大いにあります。

延滞金は1日につき500円や1,000円など、高額なケースもあるので、金額が膨れあがらないように早めに未納の家賃を支払うことが大事となります。

家賃滞納の主な原因

自分が家賃を滞納することはないだろうと思っていても、思わぬ原因で突然支払えなくなってしまう可能性があります。まずは主な家賃滞納の原因を解説するので、参考にしてください。

単純にお金を用意できなかった

人によってはお金の管理がうまくなく、ついつい使いすぎて家賃の分にまで手をつけてしまうケースもあるでしょう。

また事業の失敗やトラブルなどが原因で収入が減り、家賃を支払えない状態になってしまうこともあるのではないでしょうか。

自分や周りの人物の事故や怪我、病気など、急な出費が発生してしまったために、もともと確保できていた家賃の金額までなくなってしまうケースもあります。

家賃にまで手をつけてしまうのは極力避けたいものですが、どうしても今すぐにお金を使わなければいけなくなってしまったのであれば、やむを得ません。

口座への預金や振込忘れ

家賃は、資金自体が潤沢にあったとしてもうっかり支払い忘れてしまうことがあります。

賃貸住宅で家賃の支払う方法は、主に口座振替での自動引き落としや手動での振込が一般的ですが、どちらも支払い失敗の可能性は十分にあります。

例えば口座振替の場合は、

● うっかり預金を忘れていた
● 何らかのトラブルで給与振込のタイミングが遅れてしまった
● 引き落としに使う銀行口座を変更したものの、変更のタイミングがずれてしまった

以上のような原因から、家賃の引き落としができないことがあるでしょう。

自分で振り込む場合は、

● 祝日などが原因で、振込が反映されるタイミングがずれた
● 金額を間違えてしまった
● 銀行の自動的に指定金額を振り込む設定が解除されてしまった

以上のような原因で、家賃の支払を失敗するケースがあります。

思わぬ原因で家賃を支払っていなかったこともあるので、「自分なら絶対に大丈夫」と安心しないよう、気をつけなければいけません。

家賃を支払えない対処方法

家計簿

家賃をそのままではどうしても支払えない場合も、最終的に強制退去などのトラブルになってしまうリスクは大きいので、滞納は避けるべきです。

最後に、家賃滞納を回避する方法を3つ紹介するので、今まさに滞納している方や、今後に備えたい方は、参考にしてください。

一時的にカードローンや友人などからお金を借りる

どうしても次に支払う家賃を今用意できない場合は、一時的に他から借りましょう。カードローンやクレジットカードのキャッシングを使ったり、周りの家族や友人に当たったりして、資金を確保しましょう。

カードローンは借入額を分割で返済できるので、今月の支払い後もしばらく余裕がない場合であっても、ある程度は対処できます。

家族や友人には嫌な顔をされてしまうかもしれませんが、滞納の結果最終的に強制退去になるよりは良いでしょう。

さらなるトラブルを避けるため、他からお金を借りた場合はしっかり返済スケジュールを立てて、早めに全額を相手に返済することが大事です。

お金がないときの対処方

不要なものを売却して資金を確保する

現金がないものの、売却できるものが部屋の中にあるなら、売却して資金を確保しましょう。

● DVD・CD
● 本
● 服
● 時計・貴金属類
● ゲーム
● 使っていない食器
● 家電製品

以上のような不要品があるならどんどん売却して、資金を確保してみてはどうでしょうか。

リサイクルショップに不要品を持っていくのも良いですし、メルカリやヤフオクなどの個人売買をするのも良いでしょう。

基本的にはヤフオクなどで個人売買をした方が高額な資金を得られますが、代金の受け取りに時間がかかります。

「明日までに家賃を用意しなければいけない」など急いでいる時は、リサイクルショップを利用しましょう。

ある程度必要なものでも、売らないまま強制退去になって全てリサイクル業者に売却されてしまうよりは、一時的に手放してしまい、家賃の支払いに回した方が良いでしょう。

今後お金の問題が解決したら、また同じものを買い直せば良いのです。

支払いが遅れる可能性がある時は早めに連絡する

例えば給与振込のスケジュールの変化や、どうしても忙しくて家賃を振込にいけない場合など、支払いが遅れるのが確定している時は、先に管理会社や大家さんへ連絡するのがおすすめです。

基本的に家賃は必ず指定日までに支払わなければいけませんが、事前に「どうしても支払いができないので、○○日までに支払う」と連絡をすれば了承してくれる可能性があります。

場合によっては期日までの支払いを条件に延滞金を帳消しにしてくれることもあるかもしれないので、家賃を支払えない時は早めに連絡をしましょう。

まとめ

家賃を滞納したら何度か催促が行われ、最終的には裁判が行われた末に「強制退去」となってしまいます。また家賃を支払わないと、延滞金も追加で請求される可能性があることに注意しましょう。

家賃を支払うのが遅れそうな時は、管理会社や大家さんに連絡をしたり、指定日までに支払えるようにカードローン等から一時的にお金を借りたりして対応するのがおすすめです。