お金がな欲しい

毎日働いたり節約したりしても、飲み会や結婚式が続いたり、お子さんの入園・入学準備があったりと、どうしても出費が増える時期がありますよね。

それ以外にも趣味を楽しみたいとかあるいは高価なものを買いたい場合にもより多くのお金が必要になります。日頃の収入だけでは生活に余裕がないときや、自分で自由に使えるお金が少ないときは、お金が欲しいと思うものです。

ただ、欲しいと思うだけではなかなか増えないのがお金です。節約を心がけてみても続かなかったり、ストレスになってしまうことも多いのが現状です。手持ちが少ないと心にも余裕がなくなってきてしまいます。シンプルにお金が欲しい時、どうすればいいでしょう。

何をするにも基本的にはお金がかかってきますし、お金はいくらあっても困りません。今回は無理なくお金を増やす方法を紹介します。

金融機関でお金を借りることで手に入れる

お金がすぐにでも欲しい場合は、親族や知り合い、金融機関にお金を借りるという方法があります。現在お金を借りる方法も多数あるのですが、特に消費者金融の一部のサービスでは必要書類がそろっていれば、状況によっては審査が申し込んだその日のうちに行われてすぐにお金を借りられることがあります。

借りられる金額は金融機関やサービスによっても違うものの、10万円から50万円程度はいっぺんに借りることが可能です。なので高額なものを買いたい場合には利用すべきものです。

金融機関でお金を借りるのは仕事をしていたり年齢制限に引っかかったりしなければ問題なくできるものですが、借りたお金には基本利子がついて利子分を合わせて返済しなければいけません、そのため金融機関を利用するのはリスクが高いということで、別の方法でお金を手に入れたいという人も多いです。

すぐに借りるならカードローンがおすすめ

今は銀行でもカードローンを組むことができます。銀行のATMを利用した際でもその広告が出てくることも。また街中を歩けばカードローンの消費者金融を見かけることもありますね。つまりカードローンをするということは実は身近にすぐできる方法なのです。

ただしカードローンをしてお金を手にした場合は、計画的に返済する必要があります。またその返済する時には、利子分をプラスして払う必要があるので、お金を手にする場合もよく考えて行う必要があります。お金が欲しい時に銀行や消費者金融を利用するというのは決して悪いことではありません。一時的に必要なお金を借りるだけなのです。そのためお金が欲しいと思ったときには有効的な手段の一つになります。

親兄弟友人から借りる

まずは誰でも思いつくこの方法をとりましょう。もちろんお金を無心された方は嫌がるのでそこは助け合いです。ちゃんといつお金が入って返せるかを離せばたいていは貸してくれるのではないでしょうか。

そしてそういう手段をとったら単にそのままお金を返すだけでなく粗品なり食べ物なりをつけて返すと関係性が良くなるでしょう。お金は良い人から借りることをお勧めします。それは貸してくれやすいからではなく、相手に返済+リターンを与えたいと思えるからです。

相手が悪い人だと多くの人はそのような関係を気付きたいと思いづらいはずです。人間関係は資産なので良い人と貸し借りの関係を作れるよう普段からメンテしていくことがおすすめです。

まじめに仕事をしてお金を稼ぐ!

時間と体力に余裕があれば、働いて稼ぐのが一番手っ取り早い方法です。今では、長期はもちろん短期のアルバイトもありますし、即日働ける派遣登録なんかもあります。少額だけれどもお金が欲しいという場合には、すぐに給料をもらえるような勤務先で仕事をしましょう。

長期的に収入を増やしたいのであれば、アルバイトやパートを始めたり、働く日数や時間数を増やしたりするのがよいでしょう。また正社員の方でも副業をしてみてもいいかもしれません。その際には職場で副業が認められているか確認しておきましょう。

長期間働くことが難しい方でも、お歳暮やバレンタインなど、期間限定で募集している求人もたくさんあります。「1か月だけ」「土日だけ」など、条件にあう求人はきっと見つかるので、インターネットや求人情報誌をチェックしてみましょう。

それほど慌てていない状態であれば、支払いスピードではなく金額を基準に職場を選んでもいいでしょう。深夜仕事は単価が高くなりますのでおすすめです。すでに働いている人であれば今より仕事を増やせばその分稼げる額が増えます。

自分の特技、趣味でも稼げる

何か特技や趣味はありますか?今では一般の方、素人の方がデザインをし手作りしたピアスやネックレスなどのアクセサリーを買うことができるサイトがあります。自分で価格も決めて売れますので、安く仕入れをしデザインと完成度がよければ沢山売ることができます。

手作りのものだけではなく、自分の元々持っている特徴的な部分を売りにすることもできます。例えば、かっこいい声を売りにできるのであればちょっとした声優の仕事の依頼を受けることができたりしますし、オシャレが好きだったり雰囲気が良かったりすればヘアサロンのモデルに謝礼ありですることもできます。自分がこんな特技でもな、と思っていることでも求めている人がいるかもしれませんので調べてみるといいでしょう。

所有物を手放す・売ることでお金をゲット

今以上に働くことも節約することも難しいという場合には、家に眠っている不用品を売るというのもおススメの方法です。家の中を見渡してみると、使わなくなったベビー用品や家具、着なくなったブランドの洋服や、未使用の食器など、不用品が意外に見つけられるのではないでしょうか。

昔から車や住宅など一部のものに関しては、使用した後も中古として専門の業者に買い取ってもらうことが可能でした。しかし現在は車や住宅のみならず、衣類やブランドアイテム、本や家電製品など多くの商品がリサイクルショップなどで買取を行っているものです。

これらを買取ってもらうと、商品の種類や数次第では高価買取をしてもらえることがあります。すぐにお金が欲しい場合には商品の買取をしてもらって所有物を手放すことで、お金を手っ取り早く手に入れられます。

リサイクルショップでの買い取りは、一点一点は大した金額ではなくても、数が多ければ数千円になることもあります。何度も使える方法ではないし、収入も多くはありませんが、手っ取り早くお金を得る方法としては有効ではないでしょうか。

ブランド物を指定して買い取ってくれる質屋や、どんなものでも買い取ってくれるリサイクル業者もありますので、試しに利用してみてはいかがでしょうか。何よりも家の中がスッキリすると気持ちも軽くなるので、年に一度は大掃除を兼ねて試していただきたい方法です。

フリマアプリで不用品を出品するのもおすすめ

家に入らなくなったものをフリマアプリなどで出品してみてください。自分はいらないものでも意外とすんなり売れてしまったりします。ブランド名が付いている服やアイテムなどは単品で正当な値段をつけて入れば1点でも売れたりしますが、特にブランドでもない衣類や小物などはまとめて○○円と出品すると反応があったりします。出品できるサイトやアプリは色々ありますので同時進行で出品すると、より効率が良く沢山売れると思います。

お金が欲しいときは収入を増やそう

お金が欲しい時は今ある支出を見直すよりも、収入を増やすほうが手っ取り早いです。この記事では誰でも簡単に収入を増やせる方法を紹介します。ただ、いきなり万単位で収入を増やすのは難しいです。まずは、毎月少しずつ収入を増やすことを目標にしていきましょう。

①アンケートサイトで答える

収入を増やす方法としてはアンケートサイトがあります。楽天、Yahoo、マクロミルといったサイトが有名です。アンケートは1つ1分程度で終わるものから、10分~30分かかるものまでさまざまです。

最初は1アンケート1円程度しか貰えないかもしれませんが、続けていくうちに1アンケート100円や1000円程度貰えるアンケートに当たることもあります。電車での移動時間やちょっとした隙間時間でも簡単に回答できるのがアンケートの魅力です。いきなり高収入を目指すのではなく、毎日コツコツ続けることから始めましょう。

②クラウドサービスを活用

アンケートサイトよりも多くのお金を稼ぎたいときはクラウドビジネスがおすすめです。クラウド上でライティングなどの仕事を行うことで、数百円から数千円の収入が得られます。

クラウドビジネスは誰でもできるようなライティング業務から、専門的な知識が必要なものまでさまざまです。専門的な知識が必要なものは単価も高いので、自分が得意とする知識が活かせないか検討してみましょう。

ネット上で送金を募る

昨今は技術の発展から顔も名前も知らない方からお金をもらいやすくなりました。そしてお金持ちの方も増えましたので困っている人にお金を送る人も増えています。Twitterなどで銀行口座さらしてお金を募るだけでも良いですが、最近はお金を集めるためのサービスも続々と登場しています。

あとクラウドファンディングというプロジェクトにお金の授受を取り持つサービスでは返済義務なしでお金を集めることができますし、あるいはちょっとした物のお返しや、コンテンツ作りのプロジェクトならスタッフロールや巻末などに名前を入れるだけでお金を出してくれる方がいます。

そのようなサービスを便利に使ってみたら意外と多くのお金を集めることができるかもしれません。やはり多くの人が注目するようなプロジェクトや、お金を出して上げたくなるような困ったこと・事件などをタイトルに入れると多くの人にシェアされてお金が集まりやすくなります。

事業資金がないならクラウドファンディング

何らかのアイデアがあり、独立して新規事業を始めたいけどお金がない。そんな場合は、クラウドファンディングという手があります。インターネット上に自分の事業プランを提示し、不特定多数の人々から出身を募ります。アイデアやプランに魅力を感じたのならば、出資者が増えて高額を集めることも可能です。

映画製作などにもクラウドファンディングは利用されており、今後新規事業のスタートアップにますます盛んに用いられることは確実です。手軽に出資者を見つけられる反面、プレゼン能力や経営者としての力量を問われるシビアな世界でもあります。

とにかく節約!お金を使わない

「お金が欲しい!」と思ったときに、誰でもすぐに始められるのが節約です。節約によって財布の中身が増えることはありませんが、少なくともお金が財布から出ていくのを防ぐことができます。

「節約」と聞いて思いつくのは、食費や日用品などの節約です。食料品を買うときにグラム単価の高い牛肉を控え、単価の安い鶏肉や野菜にしたり、ティッシュペーパーを安いメーカーのものに替えたり。

節約としてはよく行われている方法ですが、あまり頑張りすぎるとストレスが溜まり、思わぬ衝動買いにつながる場合もあるので注意しましょう。無理なくできる方法としては、携帯電話や生命保険などの節約です。料金プランや内容を見直すことで、月々の支出を無理なく抑えることができるのでおすすめの方法です。

お金は使わなければ貯まっていきます。よく貯金してるはずなのに増えないという人の話を聞くと、旅行だの臨時支出だの言ってしょっちゅう貯金を下ろしてしまっていることが分かります。

まずは日々の自分の支出を把握してください。あとで買わなくてもよかったな、と思ったものは二度買わないようにしましょう。そして貯金ごとに口座を分けるのもお勧めです。本当の貯金の口座の他に、旅行費用用の口座、臨時出費用の口座、と分けておくのです。そして本当の貯蓄用の口座からは一切引き出さない。この約束事を守るとお金は貯まっていきます。

健康が一番!病気を減らして医療費削減

お金を得る方法をいくつかご紹介しましたが、いかがでしょうか。気をつけていただきたいのは、無理をしすぎないということです。働くことも節約も、頑張りすぎて身体を壊してしまっては元も子もありません。

病院に通えばお金がかかりますし、具合が悪ければ働くことも難しくなってしまいます。生きていくためにはお金がかかりますが、私達はお金のために生きているのではありません。「お金が欲しい!」と思うと、どうしてもお金のことを一番に考えがちですが、時々立ち止まって、「お金と健康とどちらが大切だろう?」と自問自答していただければと思います。

まとめ

今回は「お金が欲しい時は収入を増やそう」ということをテーマに、収入を増やすための方法を紹介しました。コツコツと続けることで月に数万稼ぐことも可能なので、自分なりに工夫してみるのがおすすめです。

お金がないなら収入を上げよう