持ち家

家を買って、毎月ローンを支払っているものの、何らかの原因でどうしても翌月のローンを支払えなくなってしまうと、この後どうなるか不安になってしまうのではないでしょうか。

住宅ローンは、支払えなかったからと言って即座に家を差し押さえられることはありません。ただし、将来的には家を売りに出されてしまう可能性もあるので、要注意です。

この記事では、住宅ローンが支払えない時にどうなるか、どうしても住宅ローンを支払えない時はどうするべきかを解説するので、トラブルで困っている方は参考にしてください。

住宅ローンが払えない時の流れ

住宅ローンを支払えなくなると、段階的に状況が厳しくなっていき、最終的には家が競売にかけられてしまい、自分の所有する資本ではなくなってしまいます。住宅ローンが滞ってからの流れを順番に説明していくので、ご覧ください。

1ヶ月程度の滞納なら差し押さえにはならない

もしも住宅ローンを滞納した期間が1ヶ月だけなら、まだそこまで重大な問題になることはありません。できる限り早めに返済手続きをしてしまえば、今後も毎月ローンを支払えます。

自宅にかかってきた電話に出て、返済をしたいと申し出て、速やかに返済してしまいましょう。一度滞納してしまうと今後滞納をするハードルが心の中で下がってしまうので、やがて頻繁に滞納したり、数ヶ月間の滞納を続けてしまったりする事態に発展する危険があります。

できれば完済まで一度も返済が滞らないように、気をつける必要があるでしょう。返済を求める電話に出ずにいると、やがて自宅へ督促状などが届き、返済を求められるようになっていきます。

3ヶ月~5ヶ月程度のローン滞納で一括返済を求められる

3ヶ月~5ヶ月程度住宅ローンを滞納してしまうと、やがて銀行などの契約している金融機関から一括返済を求められます。一括返済とは、今までの滞納金額を一括で支払うことではありません。

住宅ローンとして借りている金額全体を一括で支払うということなので、一括返済を求められるということは、事実上もう住宅ローンはまともに返せないケースがほとんどでしょう。

来月の住宅ローンが支払えないのに、今後十数年など長期間の住宅ローンをまとめて支払うことは、当然ながら不可能です。できれば一括返済を求められる状況まで返済が滞る前に、滞納している住宅ローンは返済し終えておきたいところです。

一括返済ができなければ家の売却を勧められるようになる

一括返済をできず、そのまま滞納を続けてしまっていると、金融機関に家の売却を勧められます。毎月支払いができない時点で既に苦しい状態であるため、基本的には要求を呑んだほうが、今後のトラブルを避けるためにも良いでしょう。

ただし、売却の誘いに乗るかどうかは任意なので、今後の収入などで万が一返せる見通しがついているなら、売却を断っても問題ありません。

最終的に半年程度で家が競売にかけられてしまう

どうしても住宅ローンの返済ができず、売却もしない状態でいると、最終的に最初の滞納から半年程度で家が差し押さえとなり、強制的に競売にかけられてしまいます。

家が競売にかけられると、家を購入したい業者などが自宅近辺に現れ、最終的には自宅の情報がインターネットなどでも公開されてしまうため、周りの人にも知られます。

競売が行われ、家が誰かに落札されてしまったら、最終的に立ち退きを求められ、家から出ていかなければいけなくなってしまいます。

長期間ローン返済が滞ると、ブラックリストに掲載されてしまうことも

長期間住宅ローンの返済ができない状態でいると、最終的に家が差し押さえられるだけでなく、金融機関のブラックリストに掲載されてしまうこともあります。

ブラックリストに載ると、今後融資を受けられなくなるので、ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできなくなることとなります。

家を失うだけでなく、今後の人生にも悪いことばかりなので、差し押さえなどのトラブルへ発展するのは避けたいところでしょう。

住宅ローンが払えないとき資金を確保する9つの方法

住宅ローンの返済が滞りそうな時は、できる限り早く資金を用意して、返済が滞ってしまう事態を避けましょう。

ここからは、住宅ローンを支払えない時に、資金を確保する方法を7つ紹介します。いずれか、あるいは複数の対処法を駆使して、住宅ローンの滞納をしないように気をつけましょう。

まずは金融機関に相談してみる

住宅ローンの支払が滞りそうな時にまずすべきことは、実際に滞納してしまう前の段階から、現在ローンを組んでいる金融機関へ相談することです。

住宅ローンを提供する側にとって、支払われるべきローン返済金が支払われない状況はなんとしてでも避けたいので、相談されれば真摯に対応してもらえます。

確実ではありませんが、例えば返済日を少し遅らせてもらえるケースがあるかもしれません。反対に、返済が滞りそう・既に滞っているのに相談しないと、金融機関からの印象は悪くなってしまうでしょう。

住宅ローンを支払えなくなりそうな時は、いち早く金融機関へ相談してみてください。

事前に金利が低い住宅ローンへ借り換えをして、完済する

住宅ローンは、他の銀行への「借り換え」をすることで、金利を抑えて総支払額を節約できるケースがあります。銀行ごとに金利が異なるので、住宅ローンが滞る状況になる前に借り換えをしていれば、今後支払えなくなるトラブルの発生を避けられるかもしれません。

ただし借り換えをした際は、銀行に罰金を支払わなければいけなくなるケースもあるので、手続きを始める前に契約内容を調べて、今後の対応について必ず確認しておきましょう。

不用品を売却する

「来月の住宅ローンを支払うのが難しい」など、まだ住宅ローンが少額の段階なら、不用品を売却するだけで資金を用意できる可能性があります。

  • CD
  • DVD
  • 衣服
  • 家具
  • スポーツ用品
  • ブランド品

以上のような不用品を売却して、住宅ローンの支払い金額を確保してみてはどうでしょうか。

まだ返済まで余裕があるなら、インターネットのオークションやフリマアプリなどを利用すれば、多くの場合中古ショップへ持ち込んでの買い取りよりも、高額で売却できます。

明日が返済日であるなど、大至急お金を用意しなければいけない時は、貰える金額は下がる可能性がありますが、中古ショップへ持ち込んで買い取ってもらいましょう。

車など、高額なものを売却する

2~3ヶ月滞納するなどして、返済額が膨れ上がっている場合は、手元にある車やバイクなどの高額なものを売却せざるを得ないでしょう。

必要なものかもしれませんが、多少生活が不便になってでも住宅ローンの返済を済ませてしまったほうが、結果的には特になるケースもあります。

必要なものを売る際は、滞っている住宅ローンの返済を終えた後でまた資金を貯めて、再度購入してみてください。

もうすぐボーナスがもらえるなら、ボーナスをローン返済に回す

会社のボーナスで高額な収入を得て、ローン返済に回せるなら、ボーナスを利用しても良いでしょう。

ただし、ボーナスが支給されるまで長期間かかるのであれば、支給前に一括返済を求められてしまい、結局家が差し押さえられてしまう可能性も大いにあります。

例えば2ヶ月後にボーナスが支給される予定で、今月~来月の通常返済が難しい場合は、金融機関に相談して、了承を得られたらボーナスでローンを返済するような形がベストでしょう。

ボーナスまで返済を待ってもらうのが難しい場合は、他の方法で資金を用意しましょう。

貯金などがあるなら、住宅ローンに充てる

今後の生活のために貯金をしておくことは大事ですが、貯金があるのに住宅ローンを支払わず、結果暮らすための家を失ってしまうようでは意味がありません。

貯金など、まだ手元に使えるお金が存在するなら、やむを得ないので住宅ローンに費用を充ててはどうでしょうか。お金はまた貯めれば良いですが、差し押さえられた家を再度自分のものにできる保障はありません。

カードローンやクレジットカードのキャッシングで一時的にお金を借りて支払う

翌月の住宅ローンの支払いが滞りそうな場合は、一時的に他社からお金を借りる方法もあります。消費者金融のカードローンでは、最短即日でお金を借りられるので、大至急お金が必要なときも対応できます。

クレジットカードのキャッシングは、事前に申し込んでおけば、翌月一括返済や毎月一定額の返済で、お金をかりることが可能です。

ただし、カードローンやキャッシングの返済まで滞ってしまうと大問題なので、利用する場合はしっかり返済のスケジュールを立てましょう。

お金がないときにできること

周りの人にお金を借りる

家族や友人などへ、一時的にお金を借りれば、住宅ローンの返済を滞らせずに済ませられます。ただし注意したいのは、もしも借りたお金を返さないでいると、やがて人間関係の悪化に繋がってしまうことです。

消費者金融や銀行に比べると、ある程度融通を利かせてもらいやすいのが周りの人への借金ですが、信用を失うと今後の人生における損失は大きくなるので、しっかり期日までに返済をするよう、気をつける必要があるでしょう。

また、返済をしっかりするとしても、何度もお金を借りに行くと信頼を失うかもしれないことにもご注意ください。

どうしてもやりくりが難しい時は、家の売却を要検討

住宅ローンの支払いが滞り、銀行に家の売却を持ちかけられた時は、おとなしく従って、売却するのもおすすめです。

一括返済を求められたらどのみち返すのが難しいので、競売にかけられて銀行や周囲の人々に悪い印象を与えてしまう前に、家を売ってしまったほうが良いでしょう。

住宅ローンを支払えなくなる4つの原因

住宅ローンを支払えなくなる原因としてよくあるケースを4つ紹介します。

現在は問題なくローンを支払えているとしても、将来的に支払えなくなってしまう可能性がないわけではないので、原因を覚えておきましょう。

事故・怪我・病気などのトラブルで費用がかかった

ローンは毎月支払うものなので、普段は給与からしっかりローン返済用の金額を確保している場合がほとんどでしょう。

しかし、事故や怪我、病気による入院・賠償などで突然高額な出費を求められた結果、どうしても住宅ローン用に確保しておいたお金を使わなければいけなくなってしまうケースがあります。

一度返済が滞ってしまうと、翌月以降ペースを戻すことが難しくなってしまい、最終的に支払えきれない金額に膨れ上がってしまうのです。

もしものときに備えて、普段から貯蓄をできる限り多く用意しておくことが、急な出費におけるローン返済の滞りを極力抑えるために重要と言えるでしょう。

また、月々の負担自体は増えてしまいますが、事故や怪我などに備えて、あえて緊急時に保険金が支払われる保険に加入しておくのもおすすめです。

お金の管理の失敗

趣味についついお金を使いすぎてしまうなど、お金のやりくりに失敗してしまった結果、ローンを支払えなくなってしまうケースもあるでしょう。

ローンの返済に使うお金には絶対手を付けることがないよう、自制の心を持ったり、手元にお金(現金)がある状態にしておかないように気をつけたりすることが大事です。

失業などで収入が減った

住宅ローンを組む段階では問題なく毎月支払える状況だったものの、失業や減給により収入が減ってしまったため、支払いが難しくなってしまうケースがあります。

住宅ローンを組む時点で、今後もしものトラブルが起こる可能性も考慮しておいたり、必要に応じて転職やアルバイトなどをしたりして、なんとかやりくりしていくこととなるでしょう。

口座にお金を預けておくのを忘れてしまった

資金自体はあるのに、クレジットカードや口座振替による引き落とし用口座へお金を預けるのを忘れてしまった結果、住宅ローンの支払いが行われなくなるケースがあります。

余裕を持ってお金を預金しておくよう、注意しなければいけません。

まとめ

住宅ローンは、一ヶ月返済が遅れる程度なら大きなトラブルには発展しづらいですが、3ヶ月~5ヶ月程度滞納すると、一括返済を求められるため完済が困難となります。

住宅ローンを支払えないと、最終的に半年後には家が差し押さえられ、競売にかけられてしまうので、注意しましょう。

大きなトラブルに発展する前に銀行へ相談したり、資金を用意したりして、今後トラブルにならないようにしっかり対処することが大事です。