歯医者

歯並びを改善できる歯列矯正ですが、始める前に知っておきたい情報がたくさんあ流のではないでしょうか。

例えば、歯列矯正の種類や各種費用、支払い方法といった情報をもとに、自分の予算・使える支払い方法に合わせて矯正を行えると助かるでしょう。

この記事では、歯列矯正の種類や支払い方法など、歯列矯正に関する基本情報を解説します。最後まで読めば、歯列矯正をスムーズに始められるので、参考にしてください。

歯列矯正の種類と費用

歯列矯正にはたくさんの種類があり、それぞれ費用も大きく異なっています。

最大で100万円近い費用がかかってしまうケースもあるので、自分の使える予算と処置内容の両方を踏まえて検討しましょう。

また本項で紹介する費用(総額)は矯正を行う歯科クリニックによって大きく変わってくるので、正確な料金は診察を受けた際にご確認ください。

歯の前面にワイヤーを取り付けるメタルブラケット(50万円程度)

銀色のメタルブラケット(ブラケットとは、歯を支える装置のこと)を使った歯列矯正は、50万円程度の安価な費用で行えます。

歯の前面に銀色のワイヤーを取り付けることで、歯並びを改善可能です。

安価である代わりに、ワイヤーが銀色で目立ちやすい難点があるため、見栄えを気にする方はできれば他の方法で矯正することをおすすめします。

一時的な見栄えの悪さよりもコスト削減を重視するなら、メタルブラケットでの治療を選ぶのが良いでしょう。

目立たないワイヤーを取り付けるクリアブラケット(70万円程度)

クリアブラケットは、メタルブラケットと同様にワイヤーを使って歯並びを調整します。

しかし装置が銀色でなく白い色になっているので、近くでよく見ない限り相手に歯列矯正をしていることがわかりません。

ただし目立たないワイヤーを使う関係上、料金はメタルブラケットよりも20万円程度高くなってしまうことにご注意ください。

歯の裏側に矯正器具を取り付けるリンガルブラケット(90万円程度)

1対1の対面・近い距離で人と話す機会が多く、クリアブラケットでもなお不満がある方は、リンガルブラケットを利用しましょう。

リンガルブラケットでは専用のブラケットを作って、歯の裏側に取り付けるしくみが採用されています。

専用となるため費用は90万円程度と高額になってしまいますが、人に歯列矯正中であることを気づかれることはまずありません。

さらに、専用の器具であるため不具合なども起こりづらいメリットがあります。

費用よりも使い勝手の良さを重視する方は、リンガルブラケットの利用がおすすめです。

ただしリンガルブラケットは作成に時間がかかるため、利用開始まで時間がかかってしまうデメリットもあるので、ご注意ください。

マウスピースを使った矯正(30〜70万円)

取り外しができる透明なマウスピースを使って、歯列矯正をする方法もあります。

30万円〜70万円程度で利用できるので、費用を安く抑えたい場合も要検討と言えるでしょう。

ただししっかりとワイヤーで歯並びを固定するわけではないので、矯正完了まで時間がかかったり、なかなか歯並びを改善できなかったりするケースもあることにご注意ください。

上の歯に目立たないクリアブラケットやリンガルブラケットを取り付ける(60〜90万円)

ブラケットを使った歯列矯正では、人と対面した時などに目立ちやすい上の歯にのみクリアブラケットやリンガルブラケットを取り付ける方法もあります。

できるだけ費用を抑えたい、しかし見栄えにもある程度気を遣いたいという方は、活用してみてはどうでしょうか。

歯列矯正は、一部のみを行うこともできる(10〜60万円)

歯の一部分の並びに対して不満がある場合は、一部のみに器具を取り付けて矯正することもできます。

例えば、前歯の前面の並びがおかしい場合は、40〜60万円程度で矯正可能です。

一部の傾いた歯を整えるだけなら、10万円程度から矯正できるので、必要に応じて利用してみるのも良いでしょう。

歯列矯正の流れと各種費用

歯列矯正をする際の総額は前項で解説した通りで、毎回の処置ごとに診察料などの費用がかかり、数十万円の総額となります。

ここからは、一般的な歯列矯正の流れと、各段階で発生する費用について解説します。

1.相談を開始、カウンセリングを受ける

歯列矯正を行いたい時は、歯列矯正を行なっている歯科クリニックに行って相談を開始しましょう。

相談の際に、具体的にどんな矯正を行うか、費用がどれくらいかかるかなどを聞くことができます。

2.検査・診断を行い、歯列矯正の準備をする(4〜5万円)

歯列矯正を開始する前には、基本的に検査と診断が必要です。検査では歯のレントゲンや写真を撮ったり、歯型を取ったりします。検査から1ヶ月程度経った段階で診断が行われ、治療計画が説明されます。

診断時にはどのくらいの時間・お金がかかるかを、相談時よりさらに詳しく聞くことができるので、しっかり聞いておきましょう。

さらに歯磨きに関連した指導が行われるケースもあるので、今後の歯の改善のために覚えておくことをおすすめします。

検査〜診断までの段階で、総額4〜5万円程度の費用がかかります。事前に費用を用意しておきましょう。

3.治療を行う(3,000〜5,000円、数週〜1ヶ月に1回)

全ての前準備が終わったタイミングで、治療が開始されます。

治療の際は数週間〜1ヶ月に1回程度のペースで通院する必要があり、毎回3,000〜5,000円程度の処置料金がかかります。

1回の処置料金もけっして少なくありませんが、歯列矯正は1〜2年程度の長期にわたって行われるので、総額は最終的に数十万円へとなっていくのです。

4.保定装置で万全な状態にし、2年程度経過したら装置を取り外して完了(3,000〜5,000円、1〜半年に1回)

ブラケット等での本格的な歯列矯正が終わった後でも、1ヶ月〜最長で半年に1回くらいのペースで通院が必要です。

費用は治療時と同じ3,000〜5,000円程度となっています。

「保定装置」という矯正した歯が元に戻らないようにするための器具を取り付け、歯が完全に矯正されれば治療完了です。

歯列矯正をするメリット・デメリット

歯列矯正は歯並びを改善するために行う処置です。

歯並びの改善により、様々なメリットを得られるので、それぞれに魅力を感じた方は、歯列矯正を行うことを検討してみてはどうでしょうか。

また、合わせて歯列矯正のデメリットも解説するので、迷っている方は合わせて参考にしてください。

歯並びが綺麗になり、見栄えが良くなる

歯列矯正をすると、歯並びが綺麗になるので、人と向かい合って話している時などは、相手に与える印象が改善されます。

たとえ歯が白くても、バランスが悪くガタガタの状態だと、相手に怖い印象を与えてしまったり、怪しまれたりなど、何かと不都合が生じてしまうものです。

特に人と会って話すことが多い営業の仕事をしている方や、人前に出る機会が多い方は、歯列矯正をすることで仕事を円滑に進められたり、評判が良くなったりして満足できるでしょう。

筋肉のバランスが改善されるので、顔が若返る

歯列矯正をするとただ歯並びが良くなるだけでなく、顔の筋肉のバランスも良くなります。

顔の形が綺麗になり、見かけの年齢も若返ることができるので、自分の顔に不満を持っている方も歯列矯正を行ってみてはどうでしょうか。

虫歯など、歯の病気を防げる

歯列矯正は、虫歯や歯周病の対策にもなります。歯並びが悪いと口の中に汚れが溜まり、虫歯などになってしまうリスクが上がります。

口の中の汚れにより、合わせて口臭問題が発生したり、ご飯を食べている時などに口の中の肉などを噛んでしまったりする危険性もあります。

しかし歯並びが改善されれば汚れが溜まりづらくなり、トラブル発生の可能性も減るので、今まで歯や口のトラブルで困った経験が度々ある方には、歯列矯正がオススメです。

歯列矯正のデメリットは一時的な外見の変化や歯の痛み

歯列矯正をする際はワイヤーなどを歯に取り付けるので、人と対面する場合は器具が目立ちます。ただし詳しくは後ほど紹介しますが、ワイヤーなどの器具の中には目立ちづらく加工されているものもあります。

費用にさえ納得できれば、外見変化のデメリットはなくせるのでご安心ください。そして器具を歯に取り付けて矯正して行く都合上、処置を始めた直後〜数日間は歯が圧迫されて痛くなるケースがあります。

しばらく耐えれば痛みはなくなりますが、不安な方は矯正を開始するかどうかじっくり検討しましょう。

注意!歯列矯正は保険や医療費控除の対象外になることも多い

歯列矯正をする上で要注意なのは、治療にかかった費用は保険や医療費控除の対象にできないケースが多いことです。

歯列矯正の最大のデメリットは、予算が膨大になってしまうことでしょう。

よほど深刻な状態だと例外的に保険の適用などができるケースもありますが、基本的には全額自腹となってしまうのでご注意ください。

高額な費用を自分で負担しなければいけない結果、歯列矯正による出費はとても大きくなってしまうのです。

歯列矯正費用の支払い方法

歯列矯正で通院をする際は、処置料金を窓口などで支払う必要があります。

歯列矯正は高額になりがちですが、現金払いの方法で支払うことで、出費による負担を抑えられるケースもあります。

現金払い

すでに現金をまとめて用意している方は、窓口で現金を支払うのも良いでしょう。

治療で通院をする際は、1回の治療費が3,000〜5,000円程度なので、食費などの生活費を節約して、歯列矯正に回していくのもおすすめです。

対応する歯科クリニックならクレジットカード払いもできる

歯科クリニックの中には、クレジットカードで歯列矯正費用を支払える場所もあります。手元からお金が出て行くタイミングを遅らせたい場合は、クレジットカード払いを選ぶのも良いでしょう。

クレジットカード払いなら、高額な治療費用に対してポイント還元を受けることで、結果的に負担を削減することも可能です。

デンタルローンの利用に対応する歯科・銀行などもある

歯列矯正は高額なので、利用者の手間を削減するために提携しているデンタルローンを利用できる歯科クリニックもあります。

また銀行や消費者金融では、歯列矯正の費用を負担してもらうためのデンタルローンを提供しているケースがあります。

金利がかかるため総支払額も上がってしまうことには注意が必要ですが、日々の負担をできるだけ抑えつつ歯列矯正をしたい方は、デンタルローンの利用を検討してみてください。

歯列矯正に必要な費用をすぐに用意する方法

最後に、歯列矯正の費用を用意する主な方法を3つ紹介します。

大至急歯列矯正を開始したい、あるいは既に開始しているものの通院費用がなくて困っている方は、ご覧ください。

今すぐお金が必要な方は、お金がないとき対処法を見てみてください。

中古ショップやフリマアプリで不用品の売却をする

手っ取り早く通院費用や検査、診察の費用などを用意する方法は、手元にある不用品の売却です。「明日歯科に足を運ばないといけない」という場合は、中古ショップでいらない服や本、CDなどを売却しましょう。

少し時間に余裕があるなら、インターネットのオークションやスマホで使えるフリマアプリなどを利用すれば、より高額で不用品を手放せます。

カードローンやキャッシングを利用する

カードローンやクレジットカードのキャッシングなら、すぐにお金を用意できます。キャッシングは事前に申し込みが必要なので、少し時間がかかることにご注意ください。

カードローンは、最短即日で契約完了・借り入れができる消費者金融もあるので、本日中〜明日にでもお金を用意しなければいけない場合も安心です。

今後の歯列矯正に備えて、貯金を始める

まだ歯列矯正を始めておらず、とくに急いでいない場合は、貯金を始めるのも良いでしょう。

数十万円の高額な負担となるケースが多い歯列矯正ですが、月々数万円の貯金を行えば、1年程度から費用を用意できます。

まとめ

歯列矯正を行えば歯並びを改善でき、若返ったり虫歯対策ができたりとメリットは満載です。

歯列矯正費用は治療内容によって変化し、見栄えの変化が少ない治療ほど費用も高額になっていくことにご注意ください。

歯列矯正をしたいもののお金がない場合は、必要に応じてクレジットカードやカードローン、デンタルローンなども駆使しつつ、費用を確保しましょう。